×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花見山公園ガイド@

花見山公園は、福島県福島市渡利という地区にあります。福島市街地から南東に4〜5kmぐらいのところにあります。花見山公園は、普通の公園とは少し違った公園です。普通の公園と何が違うかというと、「公園」でもあり「畑」でもあることです。花見山公園に咲いている花は、売り物として出荷するために栽培されている花です。つまり、花見山公園は私有の花木畑ということです。しかし、花見山公園の園主である阿部一郎さんの善意で無料で一般開放されて、一般の人が楽しむことができます。花見山公園は、初めは地元の人々に親しまれていましたが、今では花見山公園の素晴らしさが全国に知れ渡り、全国から20万人を超える人々が訪れる観光スポットになっています。

花見山公園ガイドA

花見山公園は、春になると桜や梅、花桃などの様々な花が咲き乱れ、花見山公園がある山全体を鮮やかに彩ります。花々が創りだしている素晴らしい景色は、花見山公園に向かう途中の道のりでも観ることができます。花見山公園には、「ふくしま花案内人」という人達がいます。「ふくしま花案内人」とは、福島の観光や花の見所や魅力などをガイドしてくれます。また、花見山公園内に、毎年「花と緑の郵便局」がオープンしています。ここでは、花見山オリジナルの切手やポストカードなどを買うことができます。花見山公園を訪れた記念にお土産などに買って帰る人達が大勢います。他にも、「花見山テント村」があり、そこでは福島の地酒や特産物を買うことができます。

花見山公園ガイドB

花見山公園は、数種類のサクラ、モクレン、レンギョウなどが咲き競う4月頃の春の季節が有名ですが、春の季節だけに限らず四季折々の花々を観ることができます。花見山公園は、季節ごとに違った表情を魅せてくれます。花見山公園は、花見山公園の園主である阿部一郎さんの先代が雑木林だった今の花見山公園を開墾して花木などを植え始めたのがルーツだそうです。雑木林だった今の花見山公園は、食糧事情の悪化や戦争、経済事情の悪化などの苦しい時代を乗り越えて、阿部部一郎さん等が花見山に花木を植え続けた結果、花などが咲き誇る花見山に変わっていきました。花見山公園の美しさは人々の心を捉えていき、今では花見山公園の美しさに魅了されています。

Copyright © 2008 花見山公園の素晴らしさ